ホーム > News > 「平成28年度宮崎大学農学部・宮崎県連携協議会」を開催

News

「平成28年度宮崎大学農学部・宮崎県連携協議会」を開催

最終更新日:2016.6.29


 平成28年6月23日(木)、宮崎県庁において「平成28年度宮崎大学農学部・宮崎県連携協議会」を開催しました(宮崎大学から17名、宮崎県から29名が参加)。
 この協議会は、宮崎県の農林畜水産業の抱える諸課題の解決を目指すと共に、人材の育成、共同研究等の推進及び大学における地域貢献の促進を図るため、相互の連携を強化し、諸課題の解決に協力して取り組むことを目的としているものです。平成25年2月に開催して以来、3年ぶりの開催となりました。
 協議会に先立ち、本学の香川農学部長と宮崎県農政水産部郡司部長から挨拶がありました。
 協議会では、議題1の「人材育成」について宮崎県から4件の提案がありました。本学からも「産業動物卒後教育プログラム」、「産業動物コンサルタント育成プログラム」、「農学部と農業大学校・高鍋農業高校との連携」の連携・協力の提案をしました。
 また、議題2の「共同研究」について宮崎県から「食文化継承を目的とした伝統料理・製法、伝統食材等地域特性調査及び伝統食材と食の機能性の関連調査(日本農業遺産登録に向けて)」他4件について説明がありました。本学からも16件の共同研究についての説明を行いました。
 引き続き、各々の提案する研究について活発な意見交換が行われ、互いの提案についての理解を深め、連携・協力できる取組を推進することとなりました。
 今後、連携協議会での提案が少しでも教育プログラムの改善や外部資金獲得につながれば、本学と宮崎県にとって有意義な協議会になると期待されます。


このページの先頭へ