ホーム > お知らせ > 【10/2開催】第4回鳥インフルエンザシンポジウム開催のお知らせ

お知らせ

【10/2開催】第4回鳥インフルエンザシンポジウム開催のお知らせ

最終更新日:2015.9.17

10月2日(金)に宮崎大学第4回鳥インフルエンザシンポジウムを下記の通り開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

タイトル:宮崎大学第4回鳥インフルエンザシンポジウム
日時:平成27年10月2日(金)14時00分〜
場所:宮日会館11Fホール (宮崎県宮崎市高千穂通1-1-33)
会費:無料、事前登録不要
問い合わせ先: 宮崎大学人獣共通感染症教育・研究プロジェクト 目堅博久
TEL: 0985-58-7274
E-mail: mekata@cc.miyazaki-u.ac.jp

趣旨:2014年、宮崎県では2件の高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)が発生しました。繰り返される発生から防疫対策への無力さを感じることもあります。一方で、世界的なHPAIの流行にも関わらず、県内での発生件数は2011年の11件から2件に減ったとも解釈でき、養鶏関係者を中心とした防疫対策が効果を示しているとも考えられます。今冬のより一層の防疫強化を目的として、宮崎大学では第4回鳥インフルエンザシンポジウムを企画しました。日本で高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)が発生した年は近隣諸国で、HPAIの流行が確認されています。そこで、今回のシンポジウムでは、鳥インフルエンザに関する正確な情報、周辺諸国の流行状況や対策に焦点をあて、鳥インフルエンザ研究の世界的権威であります北海道大学 喜田 宏 教授と韓国からソウル大学Hyuk-Joon Kwon助教をお招きし、グローバルな視点から鳥インフルエンザをどのように防ぐのかについてご講演をして頂きます。

クリックするとPDFが表示されます。


このページの先頭へ